最新の日常ニュースまとめる

芸能ニュース、スポーツニュース、動画ニュースなど。 日常おこっている出来事、最新情報をお送りいたします。

    カテゴリ: 社会ニュース



    (出典 www.cdit.or.jp)


    津波は、国際語!

    1 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ :2019/06/20(木) 18:19:39.25

    新潟・山形地震
    TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」

     北から南へ徒歩で日本を縦断中、山形県鶴岡市の海岸付近で地震に遭遇し、
    新潟県村上市の避難所で住民らと一夜を明かした米ニュージャージー州在住の
    教師、サミュエル・ギーセカーさん(25)は、津波注意報を知らせる
    防災行政無線が聞き取れず、知人からの電話連絡で避難すべきことを知った。
    「大きな地震で、状況を把握できずにパニックに陥ってしまった」と
    当時の恐怖を語った。

     ギーセカーさんは昨年8月、日本縦断に挑戦した。ところが、北海道稚内市を
    出発した翌月に胆振東部地震に遭遇。長旅で左足首の炎症も悪化し、
    態勢を立て直そうと一時帰国した。

     「リベンジを果たす」と意気込み、今月上旬に青森県大間町から再スタート
    したところ、今回の地震に見舞われた。「またか!」。当時、野宿のため
    鶴岡市の海岸付近にテントを張っていた。津波からの避難を呼びかける
    日本語の防災行政無線が聞き取れず、「何をすべきか分からないまま途方に
    暮れるしかなかった」。

     頭を抱えていると、名古屋市に住む知人から「津波が来るから避難所に逃げて」
    と電話連絡を受け、津波注意報の発表を知った。19日に村上市に到着し、
    近くの避難所を探し身を寄せた。

     ギーセカーさんは「日本は外国人観光客も多いので、国際的に知られている
    『ツナミ』という単語をゆっくり繰り返して放送するだけでも、
    外国人にとっては意味がある」と訴えた。


    毎日新聞【北山夏帆】 (2019年6月20日 東京夕刊)
    https://mainichi.jp/articles/20190620/dde/007/040/024000c

    避難所で一夜を明かしたサミュエル・ギーセカーさん
    =新潟県村上市勝木で2019年6月20日、北山夏帆撮影

    (出典 cdn.mainichi.jp)


    【【「津波」は国際語】旅行中の米国人、TSUNAMI聞き取れず「パニックに」…「ゆっくり繰り返しすだけでも外国人にとっては意味がある」!】の続きを読む


    『オリンピックチケット』について動画をまとめてみた


    28日に五輪チケット申し込み終了  手続き完了かどうか「再確認を」 28日に五輪チケット申し込み終了  手続き完了かどうか「再確認を」
    …。 手続きが完了していれば、登録したアドレスに「[東京2020オリンピック] チケット申込完了のお知らせ」と題したメールが送られてくるほか、登録IDの…
    (出典:スポーツ総合(産経新聞))



    【『オリンピックチケット』について動画をまとめてみた】の続きを読む

    このページのトップヘ